JEWEL TRAY
  • Home
  • Net Shop
  • Sweets for Professional
  • Products
  • JEWEL TRAY Style
  • Contact

JEWEL TRAY Style JEWEL TRAY Style

シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。
シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。。
Posted 2021.09.08

フール・セック・クラシック@ラ・クラシック

  • Sweets Shop
  • Yukiko Matsumoto

①.JPG

スイーツコーディネーターの松本由紀子です。

レモンケーキ、プティガトー編に続き、「La Klassique(ラ・クラシック)」さんのおおとりを飾るのは...
なんと、待望のクッキー缶が登場しました❣️
その名も「フール・セック・クラシック」。

②.JPG

オープン時から、クリアケース入りのクッキー詰め合わせはあったんですが、ちょっぴり小さめのサイズで🍪
もっと大きな詰め合わせがほしい!とお客さまからのご要望も多かったそう。
(私も秘かにずーっとお願いしていました)

③.JPG

そうしたらなんと...まさかの...こんなに大きなクッキー缶が登場しちゃいました!
シェフこだわりの楕円形です。

④.JPG

クラシックさんはロゴが繊細で素敵なので、白缶にグレーのロゴを描いただけで、こんなにもエレガントな雰囲気に💖
楕円形のクッキー缶は持っていないので、また缶収集癖がうずきだしちゃいました。
去年大断捨離したんだけどなぁ。。。

⑤.JPG

こちらは14種類入り🍪
「子供の頃クッキー缶はちょっと贅沢なお菓子で、色とりどりのクッキーを前に、どれを食べようかと幸せな気持ちになった懐かしい思い出のお菓子。」と加藤シェフ👨‍🍳
あの頃を思い出し、少し懐かしさを感じるクラシックな内容にこだわられています。

私が子供の頃よく食べていたクッキー缶は、デンマーク製の紺色の丸缶と、鳩サブレの黄色長方形缶。
中学生になると村上開新堂でした❤️

⑥.JPG

紺缶では、プレッツェル型を最後まで大事に取っておくタイプ🥨
なので、クラシックさんのクッキー缶でプレッツェル型を発見した時は大興奮💓
アンゼリカやドレンチェリーも、郷愁を誘う懐かしのお味ですよね。
おいしいかどうかは別にして、やはり今でもトキメいちゃいます。

⑦.JPG

こちらは形も様々ですが、生地もすべて異なるのだそう🍪
発酵バターを贅沢に使用されているので、蓋を開けた瞬間の香りにまず、心溶かされていきます...
あーーー幸せな香りだなぁ💘

⑧.JPG

私のお気に入りは、8の字型にザラメがふられた塩キャラメルクッキーと、塩チーズプレッツェル🥨
あっ、でもアンゼリカとドレンチェリーのシナモンクッキーも好きだし、シンプルにサブレナンテも美味。
同じチーズでいうと、チェダーチーズサブレもあるんですが、ほんと...全く生地感が違います🧀

⑨.JPG

さくっ、ザクッ、サクサクっ♪
すべて生地が異なるとはいえ同じクッキーだし...と侮ることなかれ、ほんとに全く似て非なる食感なんです。

⑩.JPEG

なので、内容量430gとクッキー缶としては多分かなりの大容量ですが、全く食べ飽きることがありません💘
クラシックさんで個別に販売されている全種類のサブレ、プラスこのクッキー缶限定サブレが入っている、とっても贅沢な内容です✨

⑪.JPG

もうすぐオンラインショップでも購入できるようになるそうですよ。
なかなかお店まではお伺いできないという皆さまは、ぜひ楽しみにしていてくださいね❣️



ページトップへ