JEWEL TRAY
  • Home
  • Net Shop
  • Sweets for Professional
  • Products
  • JEWEL TRAY Style
  • Contact

JEWEL TRAY Style JEWEL TRAY Style

シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。
シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。。
Posted 2018.12.27

16区さんシュトーレン秘話!

  • Yukiko Matsumoto

①.JPG

スイーツコーディネーターの松本由紀子です。

先日今年最後の博多出張に。
博多に行くのでご挨拶には伺いたいけれど、さすがにこの時季...どうしようかと悩みつつ、16区の三嶋シェフに連絡させていただいたところ...
お忙しいなかお約束くださり、12月は梱包場所になるため閉鎖されている喫茶スペースでコーヒーをご一緒させていただくことに☕
久々に緊張しすぎて冷や汗がどーっ💦

②.JPG

今年はヴィンテージ・シュトーレンを700本に増やすも11月中に完売。
追加、追加で作った1450本のシュトーレンも12月初旬に完売されたそう🎁
もし残ると怖いので、なかなか大幅には数を増やせなかったけど、こんな状況ならば来年はヴィンテージを1000本に増やそうかなと三嶋シェフ👨‍

ヴィンテージが完売していたために、普通のシュトーレンを購入された方も沢山いらっしゃると思うので、ぜひ❣とお願いしておきました。

実はヴィンテージは普通のシュトーレンよりも遅れて作りだされたそうで、まだ10年弱なのだとか。
シュトーレンは10月から作り始めるのですが、1年寝かせたものを翌年の10月に食べても大丈夫で、むしろおいしくなっていたことから、ルセットを変えて、さらにお酒などを効かせたリッチバージョンを作ろうと考え、誕生したのがヴィンテージなんです✨
リッチとかプレミアムとかではなく、ヴィンテージというネーミングが、重厚感があってピッタリですよね💖

シュトーレン自体も、たまたま型を持ってこられた方がいて、それならばと在庫の30個全てを購入して作り始めたのが最初なのだとか。
今はそれでは追いつかないので、別の業者さんに同じ型を作ってもらい100個ほどに。
もしその時に出会ったのがこの大きな型でなければ、今の16区さんのシュトーレンは生まれていなかったんですね...。

でも、三嶋シェフも修行先で少し作ったことがある程度だったので、生生地を食べては試作を重ね、配合も一から考えられたのだそう。
当時はまだ作っている方も少なく、横溝シェフや栢沼シェフぐらいだったかなぁと。

フルーツもお酒もたっぷりで、熟成させた超豪華版のフルーツケーキの如き風格に、10年前初めていただいた時は私も暫し陶然としました💗
来年は久しぶりに食べ比べをしてみようかなぁ...(*ˊૢᵕˋૢ*)
ご一緒してくださる方募集します❣

③.JPG

④.JPG

タイミングよく、クリスマスまでの限定で販売されているというミニビュッシュ🎄にも出会えました。

⑤.JPG

焼き菓子はもちろん全種類を購入💗



ページトップへ