JEWEL TRAY
  • Home
  • Net Shop
  • Sweets for Professional
  • Products
  • JEWEL TRAY Style
  • Contact

JEWEL TRAY Style JEWEL TRAY Style

シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。
シェフのJEWEL TRAY活用術や話題のショップなどJEWEL TRAYに関する情報を発信。。
Posted 2017.10.17

パティスリー・モンプリュ×JEWELTRAY

  • Yukiko Matsumoto

スイーツコーディネーターの松本由紀子です。
今回はSOPAKかねみつさんの新作オリジナルトレーをご紹介させていただきます❣

mon①.JPG

このオリジナルトレーを使われているのは、神戸・元町にある「パティスリー・モンプリュ」さん。
洋菓子文化がいち早く届いた港町神戸から、フランスのエスプリの詰まった菓子を、その伝統や文化とともに発信し続け、2005年のオープン以来、神戸を牽引し続けているお店です。

林シェフが右手に持たれているトレーをよ~くご覧ください!
どこが普通のトレーと違うか、お分かりになりますか?

mon②.JPG

ショーケースに並んでいる姿は、こんな感じです。一見普通のゴールドのトレーに見えますよね!?

mon③.JPG

このお菓子は、メレンゲの魔術師と呼ばれる林シェフの代表作のひとつ『シャルマン』。
シャンパンのムースに、フランボワーズのビスキュイ・ジョコンドとキルシュで香りづけしたフランボワーズ。
周りはグロゼイユ入りのメレンゲで覆われています。

フォークを入れるとカシャッと崩れおちるメレンゲと、シュワっと弾けるシャンパンのムースの軽妙なる食感のコントラストが素晴らしく、後からベリーのシャープな酸味が追いかけてくる大人のガトー。
オシャレなビジュアルで、あまり他店にはないスタイルなのでオープン当初から根強いファンの方が多くいらっしゃるお菓子です。

mon④.JPG

今回林シェフがオリジナルでオーダーされたのは、ゴールドのトレーの裏にエンドレスで店名が描かれているというもの。
字体も、サイズも全てをオリジナルでオーダーすることができます。

トレーの表側に店名やロゴを入れることもできますが、林シェフはショーケース内ではあまり気付かれないけれども、食べ終わった時に、あれっ?トレーの裏に文字が!?と気付いてもらえる程度の、ちらっと見える感じがお好みとのこと。
食べ手の側としても、食べ終えてこれを発見したら、お店のこだわりにテンションが上がっちゃいますよね!

mon⑤.JPG

以前かねみつさんの季刊誌「muni」では、このようにアメジストのトレーにのせられていたことも。
トレーのカラーによって、お菓子の表情が全く変わって見えるのが、かねみつさんのJEWEL TRAYの最大の魅力ですね✨



ページトップへ